「ほっ」と。キャンペーン

白パト ( ジャガー )

 
               


水島課長に声を掛けられた「 沢巡査、明日、本庁に出向いてもらえるか 」
「 本庁と言うと、東京の警察庁本部の事ですか? 」
「 ああ、明日、東京の方でセレモニーが有って
            其処で ハクのお披露目をするそうだ 」
「 あっ、吉川巡査部長、君も同行してくれ 」
「 明日は 早朝に出発して 向こうで一泊、翌日に帰ってくる手順でたのむ 」
隼人は 何の気無しに「 お泊りですか? 」
「 何考えてんのっ? 」パシッ!!
吉川巡査部長に デコピンを頂いた
隼人は 顔を真っ赤にしながら
「 けっ、決して みだらな事は考えては居りませんです はい 」
シュタッ、ビシッと敬礼をして見せた
「 隼人、お前の腕では まだまだ 吉川君を 寝技にもってけね~ぞ 」
「 なにしろ 吉川巡査部長は 合気道の有段者なんだからなっ 」
「 課長、言葉を慎んで下さい、それって セクハラですよ 」
「 そうか、すまん、すまん 」
「 おっと、言い忘れた、宿舎の方は 向こうで官舎を用意してくれるそうだ 」
・・・
コン、コン、
「 ハク君、トランク開けてくれる 」「 はいな~っ 」
バタン、 「 けっこうな量の荷物ですね 」
「 あら、普通、女性の荷物って こんなものよ 」
「 じゃ、行きますかっ 」
「 ハク、運転はお前に任せるから 名神から東名高速のコースで頼む 」
「 了解 」
良く晴れた絶好のドライブ日和であった
「 隼人はん、今日は良く晴れて ほんま 気持ち良~走れまんなぁ 」
「 ハク お前でも 天候を気にするのか? 」
「 当たり前でんがな、わては 色白でっけど 日焼けより水垢の方が嫌いでんなぁ 」
やがて 二人を乗せたハクが 神奈川県に入ろうかと言う時
一台の黒塗りのジャガーが猛スピードで 俺達の横を通り過ぎた
「 追跡します 」
ハクは行き成り スピードを上げると シートに沈み込むようなGを感じた
「 おい、ハク、大丈夫なのか? 相手はジャガーだぜ 」
「 何言うてまんねん、あれは改造しても高々600KW出力の
                   レシプロ・ガソリンエンジンでっせ 」
「 わては まだ時速300キロまでしかテスト走行はしてまへんけど
       1400KWのタービンエンジンでっさかい 負ける訳がおまへん 」
ハクは 回転灯とサイレンを作動させ
車載カメラのモニターを映し出すと パッシングを繰り返しながら追尾する
隼人は マイクを持ち上げ
「 前方を走る 横浜む-****の車両、直ちに路肩に停車しなさい 」
「 前方を走る 横浜む-****の車両、直ちに路肩に停車しなさい 」
と警告を発するが
ジャガーは 車の群れを縫う様に 尚もスピードを上げてゆく
ハクは 其の後方20メートルの車間距離を維持しながら
       獣の様にしなやかなハンドル捌きで ジャガーを追い詰める
車の一団をやり過ごし 前方の視界が広がると
ハクは 一気に加速し ジャガーを追い抜き ハザードランプを点滅させた
流石に観念したであろう、ジャガーはその車体を路肩に沿わせるように停止した
「 ハク君、あいつを止めても 此処は私達の管轄じゃないのよ 」
「 隼人はんは 地方公務員でっけど
     わては国家予算で作られた国家公務員みたいなもんですわ
              言わば 警察署長クラスやと思も~てください 」
「 わての場合 全国何処でも執行権を行使できますんや
    それに わては優秀でっさかい 逮捕状なぞ チョコチョコと作れまっせ 」
「 分かった 」 バタン、
隼人は ジャガーのやや前方に止められた ハクから出ると
                      ジャガーの元へと歩いて向った
隼人が ジャガーの数メートル先に近づいた時
グォーン、行き成り車が走り出し 又しても 逃走する
ギャギャギャギャ
ハクは タイヤ音を激しく鳴らし 隼人の元へバックすると ドアを開け
「 隼人はん 」 バタン、
ギャギャギャギャッ、ギューン
隼人がシートに着くや否や 激しいタイヤ音とやや甲高い音を響かせて
ゼロヨン・レース並みのスタートダッシュ!!
「 隼人はん、威嚇にペイントボールを撃ちまひょか? 」
「 許可する、」
 バスン!!
ペイントボールはジャガーの黒い車体後部に 鮮やかな赤い色を散りばめた
車は止まり 今回は ジャガーの真後ろにハクが停車した
「 隼人はん 今、神奈川県警の高速機動隊が こちらに向かってます
      書類とデータは わてが揃えまっさかい 運転者を確保したら
              引導を渡して 引き渡すだけでよろしおまっせ 」
「 隼人君、拳銃を 」「 はいっ 」
隼人は ドアから出ると 拳銃を構え ゆっくりと車に近づく
ジャガーの運転席のドアが開き
          中からは スーツ姿の恰幅の良い紳士が出て来た
「 ドアを閉めて 手はルーフの上に、」・・・
カシャッ、
男は悪びれた様子も無く「 えっ、何故手錠を? 」
「 彼方の執った行動は 施錠に値します 」
「 罪状の説明は 後部座席で行ないます 」
バサッ「 巡査部長、説明の方はお願いします 」
「 僕は 後方に表示板を取り付けて来ますので 」 バタン、
やがて 神奈川県警の高速機動隊が到着すると
「 それでは 被疑者の方は よろしくお願いします 」
「 噂には聞いていましたが それにしても、あのジャガーを捕まえるとは
              この車は一体何キロまで出せるのですか? 」
「 いやっ、本人は 300キロまでしかテストしていないと言ってますが 」
「 本人? 」
「 あっ、すいません、この車は自我の塊のような物で
  自分はジャガーなんかの 倍以上の馬力が有るなどと 嘯いて居るんです 」
「 ははははっ、それは、それは、けっこうなじゃじゃ馬てトコロなんですね 」
・・・
其の日のセレモニーも 要約無事に終え
バタン、
「 フゥー 」
「 隼人はん、夕子はんは どないしはりました? 」
「 ああ、こっちの知り合いと飲みに行くんだとさ 」
「 あ~あ~ 俺の事、誘っても暮れねーし 」
「 そら、落ち込みますわなっ 」
「 隼人はん ほんま 可哀想、可哀想 」
「 お前に 其処まで言われる方が 可哀想だよ 」
「 もう良いから、宿舎まで連れてってくれ 」「 了解 」




     ↑ ブログトップ
[PR]
by toxtu | 2017-02-20 21:44 | 自作小説 | Comments(0)
<< 白パト ( プロローグ ) えっ、マジッ !? >>